大学と専門学校の違い

大学と専門学校を比較してみると、大学は学術的研究を行う場所、専門学校は実践的、実務的な教育を行うところ、と区分できます。大学は実践よりも理論重視という傾向があり、幅広い分野の知識、学問を学ぶところです。一般教養科目が卒寮単位の40%程度をしめます。

専門学校は、専門教育が授業の中の大半で、職業とかなり強い関係があり、教育も職業との関連性が強い実習が多くなります。卒業し、社会に出たとき、即戦力となる、ということが目的となるので、専門教育が授業の80%をしめます。

大学は一般入試、推薦入試、AOなどがあり、私学についてもセンターを利用するところが多くなっています。専門学校は一般入試と推薦入試が主な試験方法です。最近はAOを取り入れる学校も多くなっていますが、まだ少ない状態です。通常、書類と面接によって先行され、試験があります。専門学校の中には定員がいっぱいになると募集締め切りとする学校もあります。

卒業までに必要な単位は大学で124単位以上、専門学校の場合、夜間は450時間以上、一般で800時間以上です。専門学校の方が、年数が短い、また実習が多いということもあり、カリキュラムは非常に厳しく、通常、アルバイトなどをする時間も限られます。