大学、専門学校どう違う?

高校から上の学校に進学するということになると、大学、短大、専門学校という選択肢が出てきます。大学と短大、専門学校とはどのような違いがあるのか、学生の皆さんは進路を考えるうえで、しっかり理解しておくべきです。

まずは大学について、どういう場所なのか学んでおきましょう。大学の基礎となる教養課程においては、学部、学科にとどまることなく、様々な「学問」を学ぶことができます。

同じ学習をするにしても、高校とは全く違い高校の場合、学校が決めたカリキュラムに沿って学習していきますが、大学は、自分が必要とする時間割を自分で作っていくというスタイルです。つまり、多くの学習を行うこともできるし、最低限の単位を取得する学習スタイルもとれるということです。つまり、怠けようと思えば、いくらでも怠けることができるのです。

そのほか、ゼミ活動やサークル活動など、協調性がモノをいう場所も多く、ここで社会人としての基礎力を磨くこともできるといわれています。

大学は怠けても誰も注意してくれませんし、単位を取得できなければそのままです。大学の規則に沿って、上の学年に上がるとき、とれていない必修単位があると留年ということもあります。いずれにしても、自主性をもってきちんと将来を見据えたスケジュールを自分で作っていかなければならないのが大学です。

当サイトは、専門学校と大学の違いを皆様に理解していただくサイトです。これから進学される皆さんのお力になれたら幸いです。