短大は大学と専門のミックス

短大は、大学と専門学校を合わせたような存在というとわかりやすいかもしれません。短期大学という文字のごとく、短期間で強要と専門科目などを学ぶことができる学校で、大学よりも年数が短いということもあり、よりカリキュラムが厳しくなり、アルバイトなどもできない状態という方が多いです。

実習時間に関しても大学よりもかなり多く、机に向かって勉強する時間と、別の場所に行って行う実習と、目まぐるしい時期もあります。知識、技術を短期間で得るということができるので、大学よりもより専門性の高い学校として考えるとわかりやすいです。

大学のいい点と、専門学校のいい点を組合わせたような学校になっていますが、期間が短いということもあり単位取得がかなり厳しく、否応なく留年させるという厳しい学校も多いです。

幅広い教養を身につけることができ、しかも、職業などの実生活に活かす学習が可能、しかし、逆に考えると、大学のように深い学問を学ぶということができませんし、専門学校のように深い専門知識、即戦力となる技術を身につけることは難しいと言えます。

保育や栄養士などの様々な専門性を持った短大があるので、進学の際には、その短大の専門的分野は何か?ということをよく理解すべきでしょう。